【グラブル】シュヴァリエマグナのソロ向け確定流し解説!初心者必見!

ここでは「シュヴァリエ・マグナ」をソロで確定流しをする流れについて解説していきます。

グラブルのマグナボスの中では難易度が比較的高いかもしれません。

今回は当時、自分がソロでやっていた攻略手順や適正キャラの紹介も合わせて紹介します。

特に初心者の方であれば必見です。




シュヴァリエ・マグナのソロ向け確定流し解説!

攻略する上で知っておくべきこと

  • 確定流し/攻略する上で「ディスペル」は必須
  • 主に気をつける点は「HP」と敵の「通常攻撃
  • 被弾を考慮して「回復」キャラがあると良い
  • 時間こそかかりますが、対策していればちゃんと確定流し出来る

イージスマージについて知っておこう

シュヴァリエ・マグナは「HPが50%以上」の時に通常攻撃をすると、次のターンに「イージスマージ」を使用します。

これは「属性ダメージを99%カット」するバリアで、毎ターン万単位で回復もします。

これを解除しないと攻略が不可能になるので「ディスペル」などで解除する必要があります。

「イージスマージ」を解除すると以下のような状態になります。


解除した後から本格的な攻略になるわけですが「攻撃力上昇」と「連撃率UP」が厄介。

これもまた別途で対策する必要もあります。

※「マルチバトル」で参加する時も注意が必要。マルチだと参戦者ごとにイージスマージを張ります。ディスペル持ちの人は即座に使わずしばらく時間が経った後に使うと良し。理由は他者のイージスマージを先に発動させておかないと「イージスマージ発動→ディスペル→別の人が攻撃して再度イージスマージ」になる可能性があるからです。

攻略に適したジョブ


ビショップ
攻略に適している理由
シュバリエマグナで厄介なイージスマージを解除するために「ディスペル」が必要。また通常攻撃が痛いので回復が適度に出来るのも利点。味方が倒れても復活させるアビもあるので攻略しやすい。ただしデバフが疎かになる点は注意。

ダークフェンサー
攻略に適している理由
EXアビまたは他キャラで「ディスペル」を用意する場合はこちら。デバフが出来るので被ダメを抑えられる。スロウは多用せず「ディスペル」を再使用するための調整用として使うのがおすすめ。

ソロ攻略に必要な戦力

シュヴァリエ・マグナのソロ攻略(確定流し)をする上で40000辺りは最低限欲しいです。

45000もあれば問題なく確定流しが出来ると思います。

※火力が不十分の場合、「HP」が攻略の肝になるので「守護」持ちの武器を1本編成にいれるのもおすすめ。

適正キャラ紹介


ヴァンピィ

ナルメア

闇ジャンヌ
 ディスペル/魅了 火力(OD時) 火力

カリオストロ

ハロカリ

黒騎士
 HP回復 HP回復  ディスペル/スロウ

ロゼッタ

ザザ

城ヶ崎美嘉
 回復/ディスペル ダメージカット  暗闇/魅了(※条件あり

ルリア
支援

※個人的に「城ヶ崎美嘉」はかなりおすすめ。「ルリア」も全体的にアビが優秀で戦いやすい。「ナルメア+闇ジャンヌ」は火力でゴリ押す人向け。

シュヴァリエマグナのソロ確定流し攻略/倒し方

手持ちによって確定流しの編成が変わると思います。

いくつかパターン分けをして編成を紹介。

ヴァンピィがいる人向けの確定流し

編成例
主人公
ヴァンピィ

火力

回復
 主人公はビショップorダークフェンサー、EXアビは前者/後者ともに「ブラインド」がおすすめ。

ヴァンピィは1人で「ディスペル」「スロウ」「魅了」がこなせるのでシュヴァリエ・マグナでは最適キャラ。

いるだけで確定流しのハードルはかなり下がります。

後は如何に敵の通常攻撃を抑えるかどうかが重要です。

そのため被弾を減らす「ブラインド」やデバフ枠の「アローレイン」などをEXに採用すると良し。

回復持ちキャラが豊富であればダークフェンサー、回復に自信ない人はビショップを使うと攻略がスムーズです。

ヴァンピィ無しの人向けの確定流し

編成例
主人公
回復

カット系

自由枠
主人公はダークフェンサーかビショップ。EXアビはダークフェンサーであれば「ディスペル」必須です。ビショップであれば「ブラインド」がおすすめ。

ヴァンピィがいない場合、主人公が「ディスペル」を積む必要があります。

ダークフェンサー+ディスペル」はサブに回復持ちが1~2体いる場合はOK。

出来れば「魅了」や「暗闇」が使えるキャラがいると結構被弾を避けられるので便利。

※外す場合もある+外すとかなり危ないので過信は注意。

ビショップ+ブラインド」は個人的におすすめの組み合わせ。

被弾しても回復できる上に、誰かが落ちても復活のアビもあります。

「ディスペル」も必ずイージスマージのタイミングで再使用出来るので、スロウ持ちのキャラも不要。

ただし、上と同じく「ブラインド」を外すと戦況がかなり危なくなるので注意。




適正の召喚石まとめ

キャラや武器を含めた戦力も大事ですが「召喚石」の存在も大きいです。

自分の編成に入れる場合とフレンドで選ぶ召喚石と分けて紹介していきます。

▼おすすめのイベント産召喚石のまとめはこちら
初心者におすすめのイベント召喚石!

自分の編成に入れたい召喚石


ディアボロス
使用用途
メインに据えたい召喚石。出来れば3凸or最終上限解放推奨。HPが追加で増えるので耐久度が増します。

セレスト
使用用途
ディアボロスがない人向け。3凸が理想。もしくはマグナ武器の割合が多い人向け。「守護」持ち武器があればHPがUPするためおすすめ。

アルバコア
使用用途
サブ候補の召喚石。敵のDA率を下げるので余裕があれば入れてもOK。

アヌビス
使用用途
ガチャ産の石ですが所持していれば是非。3ターンの間、闇属性の攻撃力/光属性ダメージカット30%は重宝します。

カーバンクル・オパール
使用用途
ガチャ産のSR石。出来れば3凸推奨です。シュヴァリエマグナの攻撃を50%カットしてくれます。無凸で25%カット。

フレンドで選びたい召喚石


バハムート
フレンドにいたら優先して選びましょう。素で闇属性攻撃力100%は優秀。3凸で120%、最終上限解放済みで130%。召喚効果も非常に強力です。

ナハト
闇の召喚石が豊富であれば選択の余地あり。素で最大80%、3凸で100%。召喚効果で「幻影」が張れるのも利点。

ツクヨミ
編成の種族がバラバラの人向け。素で最大80%、3凸で100%。召喚効果で光属性の敵に対してデバフ+稀に復活効果付与も強力です。

シュヴァリエマグナで初心者が狙うドロップまとめ

注意
光・闇属性のマグナ武器は基本ドロップ率が低いです。特に「シュヴァリエソード」は狙って出るものではない点に注意。長期的な育成を視野に入れる必要があります!

 


シュヴァリエソード
優先度:激高
初心者がドロップを少しずつ狙う武器。ショップで交換出来る上限が決まっているので途中からは自力ドロップが必須。「方陣攻刃(小)+方陣守護(小)」と複数のスキルを持っています。4凸で「光の攻刃」と別枠のスキルが追加されるので非常に火力が出しやすくなります。※ドロップ率は絶望的に低いです。集めようと思っても中々集まりません。

シュヴァリエボルト
優先度:
剣が中々揃わないのでその繋ぎになる武器。”繋ぎ”と言っても剣が一定数揃うまで時間がかかるため、「実質メイン編成」になります。ステータスも高いので3凸を複数作ることをおすすめ。※4凸は必要なし。

シュヴァリエハープ
優先度:
こちらも主な編成に入ってきます。実は銃もドロップ率がそこまで高くないので「銃が揃うまでの繋ぎ」として実用性があります。3凸が複数あると良し、4凸は不要です。メイン武器にもなりうるので是非作っておきたい。

シュヴァリエブージ
優先度:
ドロップしてもスキル上げのエサでOK。特別な用途もないので残しておく必要もありません。※管理人は「セレストマグナ」用のHP枠として1本使っていたぐらい。

シュヴァリエ
優先度:
3凸は必ず作りましょう。剣の効果を最大限に活かせるので、剣が揃ってくればその恩恵がより体感できると思います。他と同様3凸完成後に余った分は売るかエレメント化でOK。

▼【初心者向け】他の属性のマグナ確定流しについてはこちら


コロッサスマグナ

リヴァイアサンマグナ

ユグドラシルマグナ

ティアマトマグナ

シュヴァリエマグナ

セレストマグナ




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る