【グラブル】銀天の集め方/使い道!初心者おすすめの集め方も!

意外なところで要求される場面が多い「銀天の輝き

初心者の方は特に「これって何の使い道があるの?」と思うはず。

また銀天の使い道が分かっても、集め方もよくわからないなんてことも多々。

ここでは銀天の輝きの集め方や使い道、そして初心者おすすめの集め方を紹介。

今後もどこで要求されるか分かりませんから、頭の片隅に入れておくだけでもOK。




銀天の使い道

主な使い道は以下の通り。


ジョブマスターピース武器
の属性変更
必要数:3個
おそらく初心者の方が1番最初に銀天が必要になると思われます。「クラスⅣ」ジョブの取得をする上で、ジョブマスターピース武器の属性変更をする必要があります。ほぼ最初に使う場面なだけあって、要求される数は3個と少なめ。スムーズにクラスⅣジョブを取得するのであれば、今からでも集めることを意識すると良いでしょう。

十天衆武器
の最終上限解放
必要数:10個
おそらくすぐには手を付けないと思います。人によっては十天衆の中身入りをさせることも大変なので、そこまで意識はしなくても良いと思います。加えて要求される銀天は10個とかなり多め。すぐに集められる数では無いので、もし今後、十天衆の最終上限解放を見据えているのであれば少しずつでも集めることをおすすめします。

オメガ武器の作成
必要数:10個
クラスⅣの次に銀天を使うことになる?気がする「オメガ武器の作成」。こちらは「無垢なる竜の武器→オメガウェポン」に強化する上で10個要求されます。いきなり10個も確保するのは中々大変なので、オメガ武器の作成を考えている人もあらかじめ意識しておくと後々楽になります。


ルシフェル/バハムートの
最終上限解放
必要数:10個
SSR召喚石の「ルシフェル/バハムート」の最終上限解放にも必要になります。こちらも要求される銀天が10個と多めです。厄介なことにこの2種は3凸→4凸をする上で金剛晶が使えないという仕様に。ルシフェルやバハムートを持っていない人は関係ないので、スルーしてOK。もし所持しているのであれば、手を付ける羽目になる?かもしれません。4凸にする価値はもちろんあるので、今後入手出来たときのことを考えて集めておくのも良いかも。

SSR召喚石(アーカルム)
の強化
必要数:5個
ここ最近の中で、新たに銀天の使い道が増えたのが「アーカルム召喚石の強化」。十天衆と同じく「対応した召喚石の賢者」を仲間にすることが今後出来るようになります。要求される銀天は5個と抑え気味。賢者の実装はまだ未定ですが、現在アーカルム召喚石の強化を進めようと思っている人はこちらも視野に入れておく必要あり。

銀天の集め方

銀天の輝きの集め方は以下の通り。


ジ・オーダ・グランデ
の討伐報酬
グランデを自発することで貰える赤箱から”確定で1個”入手出来ます。自発素材が集められるなら1番確実な方法です。1日/2回自発可能。また「ディール(後半で解説)」でもそこそこの確率で入手できます。今では共闘部屋でも30連戦向けの部屋がよくあるので、自発出来る人は積極的に参加することをおすすめ。金箱やMVP用赤箱からは出ませんが、ショップで交換するのに必要な「万象の蒼角」も入手出来るので、時間がある人はグランデ戦で集めるのが初心者の方は最適。

ショップ交換
「ショップ」からも”月に3個まで”交換出来ます。必要な素材はグランデから落ちる「万象の蒼角」を5個消費して1個交換可能。また「万象の蒼角」を交換するために「蒼の羽」が5個必要になります。羽はグランデの報酬で確実に1個は落ちるので、自発赤箱と並行して羽も集めておくとなお良し。

4大天司の討伐報酬
「4大天司ボス」の金箱・赤箱ともに落ちる可能性があります。自発用素材は比較的楽なのでこちらも30連部屋などを利用して集めると◯。天司から狙う利点はなんと言っても”順位関係なく銀天を狙えるチャンスがある”こと。赤箱は狙うことは出来なくても金箱からワンチャンドロップするのは初心者の方には嬉しいところ。天司武器の強化に必要なアニマも合わせて参加すると良いと思います。

ローズクイーンHL
の討伐報酬
初心者の方にはあまりおすすめ出来ないですが、ローズクイーンHLからも狙えます。ただ上で挙げた方法と比べると「戦力がある程度必要」「銀天を狙ってやる分には非効率」という点からおすすめしません。またHLへの参加が、初心者の方にとっては躊躇いがちになるのもありますが…。銀天狙いだけでやるのではなく、ローズクイーン武器やその他の副産物も合わせて集めるのであれば検討しても良いかと。


黄龍/黒麒麟
の討伐報酬
銀天集めだけを考えると初心者の方にはおすすめしません。理由は赤箱(自発/MVP)からしか銀天が落ちないため。戦力が低い内は6位以内を狙えないので、銀天のチャンスは実質、自発の赤箱のみ。ただ、黄龍と黒麒麟は専用のEX攻刃武器が入手出来るので初心者の方は是非とも入手してほしいところ。他にも「覇者の証」「碧空の結晶」など枯渇しやすい素材も落ちるので、銀天以外にも旨味があります。「四象降臨」で自発素材も簡単に集められるので、色々な副産物も兼ねて30連部屋に参加することをおすすめします。※「四象降臨」イベの時しか部屋が立っていない・1回1回の討伐時間はかなり短いので注意!

アルティメットバハムート
の討伐報酬
初心者の方は読み流す程度でOK。金箱と赤箱ともに銀天が落ちます。そのため誰にでも入手できるチャンスがあるという意味ではおすすめ。ただし参加までのハードルが高いことや戦力の都合上、初心者の方には不向き。今後、強くなった後で銀天を集める候補の1つとして覚えておくと良いでしょう。ただそれなりに周回する必要があるので、必然的に時間的拘束がネックになります。

アルティメットバハムートHL
の討伐報酬
上と同じく初心者の方はスルーでOK。「自発素材」の問題さえ無視すれば赤箱からの報酬が美味いです。銀天も当然落ちるのですが、ヒヒイロカネも狙えるのが魅力。ただし参加への障壁が高いので、挑戦できるようになるのはかなり後になるかと。アルバハ系はとりあえず放っておいて、自分が参加できそうなマルチバトルに参加するのが良いと思います。

初心者におすすめの集め方は?

初心者におすすめの集め方はやはり「グランデ」の参加です。

参加へのハードルも低めですし、自発素材も滅茶苦茶キツイわけでもありません。

もし自発素材がキツイ方は共闘部屋で連戦以外の部屋に入ると◯

赤箱から狙わなくても金箱から「万象の蒼角」や「蒼の羽」をたくさん集めて銀天と交換する手もあり。

ちなみに自発をするのであれば共闘で部屋を立てるか、連戦部屋に参加しておくのが無難。

理由は万が一のことを想定して討伐失敗にならないようにするためです。

(※よっぽど失敗になるとは思えませんが念の為)

グランデ以外であれば天司のマルチバトル周回をおすすめ。

どちらも1回のバトルにかかる時間は短いので、サクサク周回できるのが利点。

ディールで強奪しないために注意すること!

1部マルチボスには、討伐後「ディール」というシステムが用意されています。

そもそもディールとは「特定の素材や武器を”自発者+自発者と同じ団員の人”で抽選する」システムです。

やり方はシンプルで、例えばグランデを倒した自発者が以下のようなディール報酬が選べるとします。


コスモス武器

万象の蒼角

銀天の輝き

自発者と参加した団員は、この3つの中から自分が欲しいものを選ぶことが出来ます。

ここでは自発者が「銀天」が欲しいと仮定します。

抽選の仕組みは、数人の人が同じものを選んだ場合、ランダムで割り当てられた”数字が一番大きい人”が選んだ素材や武器を貰う権利が得られます。

つまり団員も銀天を選んだ場合、数字によっては自発者に銀天が渡らず、強奪する形になるわけです。

これがユーザー間でトラブルになる原因にもなります。

なので、もしも自分が団員のグランデなどに参加する場合、ディールは基本参加しないのがベスト

相手が何が欲しいのか事前に打ち合わせをしていれば良いですが…

してないならディールを放棄するか、エンジェル武器とかを選択するのが無難。

ディールに関するルールはそれぞれの団で決められていると思うので、心配な人は聞いておくと良いですね。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る