【グラブル】セレストマグナのソロ向け確定流し解説!初心者必見!

ここでは「セレスト・マグナ」をソロで確定流しをする流れについて解説していきます。

グラブルのマグナボスの中では難易度が比較的高いです。

今回は当時、自分がソロでやっていた攻略手順や適正キャラの紹介も合わせて紹介します。

特に初心者の方であれば必見です。




シュヴァリエ・マグナのソロ向け確定流し解説!

攻略する上で知っておくべきこと

  • マグナボスの中では難易度が高め
  • 「霧ループ」攻略は出来なくなった
  • 「アンデット」対策は必須
  • 被ダメ/特殊技が痛いので回復も必須
  • ダメージカット」系のアビや召喚石もなるべく入れたい

特殊行動の誘発を利用した立ち回りは不可能に

セレストマグナの特殊行動は以前と今では変わっています。

※味方に対する特定のバフに反応して発動した「無常の霧」の仕様が変更されました。現在はバフ関係なく発動します。

このためセレストマグナの行動を封じることが出来ないので「戦力で押し切る」攻略へ変わりました。

戦力が低い人であれば少し厳しい環境になったかもしれませんね。

特殊行動について知っておこう

初心者向けに特殊行動について説明すると、セレストマグナの特殊行動は以下の通り。

※確定流しラインまで挙げています。

  1. 無常の霧」→「味方全体にアンデッド深度1/腐敗/DATADOWN付与」
  2. 静謐の霧」→「味方に再生効果付与/敵の弱体効果回復&DA率UP」
  3. 深淵の霧」→「アンデッド深度2/アビリティ封印/腐敗付与 ※アンデット深度1が付与されている場合に確定で発動
  4. オーバード・イネイン」→「全体に大ダメージ&アンデット深度1付与」

ここで知っておきたいのはセレストマグナの特殊行動には「デバフをトリガーにして発動するものがある」という点。

そのためアンデット深度1を「クリア」で解除したり「マウント」であらかじめ防ぐ必要があります。

またOD時の特殊行動である「オーバード・イネイン」が非常に厄介です。

約3000~5000ほどのダメージを受けるので「ダメージカット」はほぼ必須です。

注意
セレストマグナでは「アンデット」が厄介です。これが解除出来ないと「回復アビ」でHPが減る上に「腐敗」効果でさらにHPが減るので倒れやすくなります。※「再生」効果でもHPが減るので注意。セレストマグナで死ぬ要因は「回復したいのに出来ない」パターンが多い。

 

攻略に適したジョブ


ダークフェンサー
攻略に適している理由
言わずもがな「デバフ」に特化しているので被ダメを抑えられます。「スロウ」「グラビティ」で特殊行動を遅延させられるのも利点。特にODの間は「オーバード・イネイン」を極力受けたくないので安定して確定流しが出来るはず。

ビショップ
攻略に適している理由
回復手段が無い/乏しい人向け。ダメージが痛いので回復できる手段は多いほうが良いです。ただしアンデット対策も必須なのでEXアビに「クリア」もしくは味方にクリア持ちを入れるのを忘れずに。

ソロ攻略に必要な戦力

ソロ攻略(確定流し)に必要な戦力は40000以上は欲しいところ。

前半は戦力関係なく進められますが、1番手詰まりになりやすいのが「OD突入後」だと思います。

如何にして特殊技を受けずにHP50%ラインまで削れるかが重要。

耐久できればそこまで戦力に左右されませんが、キャラが不足しているのであれば戦力を上げて押し切るのがベター。

適正キャラ紹介


ジュリエット

セルエル

ジャンヌダルク
ダメージカット マウント 火力/デバフ

サルナーン

イオ

江戸川コナン
ダメージカット/回復 回復 マウント

エリカ

ノイシュ

セイラン
ダメージカット ダメージカット 回復/クリア

ヨハン

ルリア

エリカ
回復/クリア 支援 回復/再生

セレストマグナのソロ確定流し攻略/倒し方

セレストマグナ戦では前半(OD前)はどの人も攻略の仕方に大差はありません。

変わるとすればOD後に「火力で押し切る」か「耐久戦に持ち込む」のいずれか。

火力で押し切る人向けの確定流し

火力に自信がある+ジャンヌダルクやフェリなどがある人向けです。

前半は「無常の霧」対策で「クリア」や「マウント」を用意しておくこと。

もちろんOD後の特殊技を最低限対策出来るようにしますが、基本はどんどん削っていく方向で。

「ダメージカット系」は基本少なく、特殊技を多く受けない前提で動くので「キャラ/武器の編成が整っている」ならおすすめ。

耐久戦に持ち込む人向けの確定流し

光属性武器が中々揃わない人が多いと思うので、基本はこっちの攻略法になると思います。

OD前までは通常攻撃や「無常の霧」対策をしっかりしていきます。

※「アンデット深度1」は原則次の特殊技前に解除しておくこと!

OD突入後は「オーバード・イネイン」を如何にダメージカットで減らしていけるかがカギ。

「スロウ」「ダメージカット」「クリア」「回復」を用いて被ダメを減らしつつHPもキープしましょう。

もちろんキャラだけで補えきれない場合は召喚石も有効に使っていけると尚良し。

特に闇のカーバンクルは3凸しておくとかなり重宝するのでおすすめです。

特殊技を受ける→ダメージカット→アンデットを解除&回復のループをしっかり意識しましょう。




適正の召喚石まとめ

キャラや武器を含めた戦力も大事ですが「召喚石」の存在も大きいです。

自分の編成に入れる場合とフレンドで選ぶ召喚石と分けて紹介していきます。

▼おすすめのイベント産召喚石のまとめはこちら
初心者におすすめのイベント召喚石!

自分の編成に入れたい召喚石


コロゥ
使用用途
強力な光属性の召喚石が無い人向け。原則3凸か最終上限解放済みを採用。最終時にHPが確保出来るのはセレスト戦では大きな利点。召喚効果では「暗闇」を付与出来るのでサブ候補にもなります。

シュヴァリエ
使用用途
主にマグナ武器が多い人向け。特にシュヴァ剣やシュヴァ斧があればHPも確保出来るのでおすすめ。召喚効果はあまり役にたたないかもしれません。

サンダルフォン
使用用途
3凸ならメインに採用したい召喚石。光の攻撃力が70%UPするのは優秀。他に強力な石があってもサブに入れることでHPが増やせるのも利点。召喚効果で攻撃UP/HP回復出来る点も強力です。

ヘクトル
使用用途
ガチャ専用石ですがサブ候補。3ターンの間、光属性攻撃力/闇属性のダメージカット30%は強力。

カーバンクル・オニキス
使用用途
ガチャ専用石です。3凸で闇属性のダメージカット50%はかなり強力。無凸でも25%なので持っている人は編成に入れておきたい。複数あると尚良し。

フレンドで選びたい召喚石


ルシフェル
フレンドにいれば優先して選びたい。素で光攻撃力100%UP、3凸で光攻撃力120%、4凸で「130%+召喚効果でHP3000回復」は非常に強力。

アドラメレク
光属性の召喚石が豊富な人向け。素で光攻撃力が最大80%、3凸で100%上がります。召喚効果で追撃効果も付与されるので火力が増えるのも便利。

アポロン
出来れば最終上限解放済みを使いたい。理由は召喚効果で「マウント」を張るから。またHP20%UPもセレスト戦の確定流しをする上で耐久しやすいです。

アフロディーテ
キャラの種族がバラけている人向け。3凸で光攻撃力100%UP、無凸で80%上がります。召喚効果もHP回復/奥義ゲージUPなので悪くはないです。ただ4種類揃えるのは困難なので、マイナー向きの召喚石。

セレストマグナで初心者が狙うドロップまとめ

注意
光・闇属性のマグナ武器は基本ドロップ率が低いです。特に「シュヴァリエソード」は狙って出るものではない点に注意。長期的な育成を視野に入れる必要があります!

 


セレストクロー
優先度:
初心者の方がまず狙うべきドロップ武器。スキルに「攻刃」と「背水」を兼ね備えている。ティア銃と同じ構成なのである程度数を集めるとかなりの火力が出ます。ただしドロップ率がかなり低いので基本はショップで交換、あるいは下で紹介する他の武器を繋ぎとして使うことになります。

セレストホーン
優先度:
セレ拳が中々ドロップしないので繋ぎとして使える武器。槍なのでジョブは限られますが、ビショップでシュヴァリエマグナの確定をする際は便利です。長期的に使うと思うので3凸は作る価値はあります。2本目以降はドロップの状況を見ながら。

セレストザグナル
優先度:
同じく拳がドロップしずらい背景があるので繋ぎとして優秀な武器。4凸する必要は無いですが3凸であれば複数本持っていても問題ありません。拳が揃ってきたら少しずつ外れることは忘れずに。

セレストハープ
優先度:
槍や斧と比べると優先度は低いです。「守護」持ちなので実用性も無いのがその所以。ただ「楽器」武器なので1本は持っておいて良いと思います。楽器武器が少ないので、楽器をメインにするジョブの運用を見据えて取っておくのもあり。

セレスト
優先度:
3凸は作っておきたいです。ただしSSR自体がドロップしづらいのでゆっくりでOK。3凸完成した後に余った場合は売るかエレメント化で。

▼【初心者向け】他の属性のマグナ確定流しについてはこちら


コロッサスマグナ

リヴァイアサンマグナ

ユグドラシルマグナ

ティアマトマグナ

シュヴァリエマグナ

セレストマグナ




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る