【グラブル】火古戦場EX+1550万編成【剣豪/メカニック以外も】

ここでは火有利古戦場に向けた「EX+1550万編成」について紹介します。

1ターンで1550万を出しすい「剣豪」「メカニック」を軸に他のジョブも挙げています。

また1550万達成に便利なキャラなどについても触れているので、参考になればと思います。




火属性でEX+1550万達成するために

火で古戦場EX+を1ターンキルする敷居はやや高め。

大きな要因として

  • 奥義特化キャラが他属性と比べ少ない
  • 奥義200%まで貯まるキャラもいない
  • メカニックですら1550万安定しないことが

個人的には火力どうこうよりも、キャラやデバフ、奥義をどうするかが重要だと感じました。

火古戦場EX+1550万編成(剣豪)

※いずれの編成も「アグニス編成」でやっています


主人公のアビは「ミゼラブルミスト」「無名斬」「他心陣」

剣豪だとやや敷居が高く、アビポチ数も多いので非推奨

またTAが中々安定しなくて、主人公のTA次第なところもありました。

奥義主体で行くなら「シヴァ+カツウォヌス」で編成を組んでいきます。

火古戦場EX+1550万編成(メカニック)


主人公のEXアビは「ミゼラブルミスト」

メカニック編成は奥義を主体にするので、剣豪と比べれば達成しやすいはず

メイン武器は「ベネディーア」ですが火の十狼雷でもいいと思います。

1550万達成出来ない場合は「ダメアビ」「奥義上限UP」「キャラのLB」で補う必要があります。

また指輪で奥義ダメージを増やせれば、それだけ1550万ラインまで持っていけるかと。

※クラリスで加減近くまで下げられるので、主人公のEXをどうするかも課題

火古戦場EX+1550万編成(レスラー)


主人公のアビは「ツープラトン」「ミゼラブルミスト」「アーマーブレイク」

火レスラーは「ツープラトン」があるので、1550万ダメージを出しやすいのが利点

ただし水着ゾーイを含め、キャラの限定感が否めません。

テレーズとグレアは自前で「確定TA」があるので、ツープラトンとの相性はバツグン。

主人公にも「デュアルインパルス」を積めば、連撃面が全く心配ないのも○

欠点はアビの使用回数が多いこと

火で1550万達成に便利なキャラ


テレーズ
確定TAと8割追撃が驚異的
・水着ゾーイと合わせれば火力はかなりのもの
・レスラー編成ならより相性がいい

グレア
・同じく確定TAにクリ率UP持ち
通常攻撃/奥義どちらにも対応可能
・追撃もあるため1550万達成にはほしいキャラ

アニラ
ミスト含め45%の防御DOWNが可能
・攻撃バフもあり編成に入る優先度は高め
・クラリスの上位互換として使える

クラリス
・アニラがない人向け
自前で防御を40%下げられる
・ミストが不要になりやすい利点はあり
・考え方次第でジョブの幅は広がる

メーテラ
主にダメアビ+追撃で稼ぐキャラ
・追撃の割合は80%と破格
・アビダメも背水であれば貴重なダメージ源

ツバサ
・味方全体に連撃UPと奥義ゲージ30%付与
・奥義ダメージの性能もUP出来る
アビの特性上、メカニックか剣豪の運用が望ましい

水着ゾーイ
背水を最大限活かすなら必須候補
・主にレスラーや剣豪で活きる
・入手手段が限られるのが難点

ルリア
奥義パ主体ならスタメン候補
・メカニック編成ならなお入る
・難点は奥義主体の編成が火で組みにくい点

火で1550万達成に便利な召喚石


ザ・サン
サブに入れるだけで火力UP
・SSR化&最終なら開幕で使うことも可
・攻撃回数を増やせて強力
・どの編成でも必ず入れておきたい

火で1550万達成に便利な武器


朱雀光剣
・四象降臨で入手可能
第2スキルにダメージ上限を追加出来る
・攻刃もⅡまで上がるのであると便利

オメガウェポン
奥義/アビダメ上限をUP出来る
・いずれかに特化しているなら候補

梵天添甲
・ガンダゴウザの解放武器
攻刃と先制スキルを所持してます
・レスラー用武器として優秀




【誰でもカンタン】完全無料でサプチケ/スタレを入手する方法とは?【PR】



実は”完全無料”でサプチケスタレを買うことが出来ます。

ガチャは毎回たくさん引くのは難しいですが、サプチケ&スタレぐらいは出来るだけ逃したくないものです(汗)

しかも「数十分~1時間」で3000円分ぐらいは手軽に手に入っちゃいます。

実際にそのやり方を解説した記事があるので、ぜひ見てみてください!

大人はもちろん、課金が難しい学生でもタダで出来るので特におすすめだよ!

【リアル実践記】手軽にサプチケやスタレを入手する方法!知らないと損するそのやり方とは...?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る