【グラブル】久遠の指輪を使うべきおすすめキャラ【2018年版】

四象降臨で新たに「久遠の指輪」をクロム鋼で交換出来るようになりました。

効果値が最高級のため、誰に優先して使うべきか悩むと思います。

ここでは「久遠の指輪を使うべきおすすめキャラ」について解説していきます。

今後、久遠の指輪を使うキャラの参考になればと思います。




久遠の指輪について

効果量

効果 効果量
HPUP 10%
攻撃力UP 10%
ダメージ上限UP 5%
LB強化回数UP +10回

入手方法/在庫数

ショップにて「クロム鋼」を”20個”消費して交換。

追加日 久遠の指輪の在庫数
(2018)9/16 3個

誰に優先して使うべきか?

久遠の指輪は入手制限や在庫数が少ないので、優先して使う条件としては

  • 現状「編成から外れにくい
  • 攻撃力10%UP」「ダメージ上限5%UP」を活かせる
  • 強力/便利なLB」が多い

という点を中心に、久遠の指輪を使うキャラを決める必要があります。

おすすめキャラ(火属性)


エッセル
・”バランス調整”次第で候補に
・現在は何とも言えないところ

グレア
・LBに”火力UP”系が多い
・LB重視で火力を上げる人はおすすめ

テレーズ
・火は”オメガ剣”編成が組みやすい
・中でもテレーズはアタッカーとして優秀
・LBに”クリUP”や”背水”もあり、おすすめ候補

スツルム
・「剣得意+アタッカー」キャラ
・LBに「3つのクリUP」もあり
攻撃力/ダメ上限UPが活かしやすい

アニラ
・オメガ拳編成を組むなら候補
・アビ構成上”編成から外れにくい
無難に選ぶならおすすめのキャラ

水着ベアトリクス
・”火力”をより上げたい人向け
・剣得意かつ反骨持ちなので使い道の候補に
・LBは火力とデメリットを補うアビを振る形

おすすめキャラ(水属性)


ウーノ
・現状編成からほぼ外れない
強敵や古戦場でも不動のスタメン
・アタッカー役としても申し分ない性能

水着グレア
・火グレア同様、奥義の火力を底上げ
・アタッカ役としても優秀
十天衆以外ならおすすめ度は高い

ヴァジラ
手数の多さ+奥義威力の高さが売り
・攻撃力/ダメ上限UPが活かしやすい
・現状スタメンとしての価値も高め

シルヴァ
高い奥義火力を更に底上げ出来る
・LBも”ダメージUP”系が多め
・「ダメUP>LB」重視の使い方に

おすすめキャラ(土属性)


サラーサ
・火力の底上げ目的としておすすめ
・HPも増えるのでグラゼロの威力もUP
オメガ剣編成を使うなら優先度は高い

オクトー
・攻撃力と奥義回転の高さからおすすめ候補
・編成から外れにくいのも大きい
”後悔しない”使い方をするならおすすめ

ブローディア
・十天衆以外なら優先度は高め
単体の性能は土属性キャラの中でもトップ級
・編成から外れるケースも極めて少ない
・ステUPも十分活かせるキャラ

おすすめキャラ(風属性)


シエテ
編成の影響を受けない点で優秀
・奥義威力の底上げが更に可能
・アタッカー役としてもおすすめ

ニオ
・編成から外れにくいキャラ候補
・LB目的で使うのはやや難しいところ
十天衆の中では好みで使うことになるかも

水着ジャンヌ
・十天衆以外の指輪候補キャラ
デバフ/支援キャラとしても優秀
・LBも火力/防御特化の振り方が出来る

おすすめキャラ(光属性)


ソーン
・”編成から外れにくい”点から候補に
・ステUPやLBの恩恵は気休め程度
・大半は推しや好みといった要素が大きい

フュンフ
・LB強化上限UPで攻撃力UPも可能に
・”杖オメガ編成”メインなら指輪の選択肢
・十天衆の中ではやや優先度は低めかも

アルベール
LB強化上限UPの恩恵がかなり大きい
・火力UP系のLBが多いためかなりおすすめ
・”剣得意”という点からも優先度は高め

おすすめキャラ(闇属性)


シス
ステ/ダメUPUPの恩恵が大きい
・LBも攻撃系や背水に振る選択肢も出来る
・アタッカー役として優秀なのでおすすめ

水着ゾーイ
背水編成であれば外れにくい
・LBも攻撃力UP系に振る余裕も出来る
・背水環境が変わらない間は優先度高め

オリヴィエ
・火力やアビともに優秀なキャラ
・剣得意+オメガ剣の相性からもおすすめ
敵問わず編成に組み込みやすい点も魅力

闇ジャンヌ
背水の火力をより底上げ出来る
・LBの攻撃/奥義ダメUPに振る余裕も出来る
・アタッカー役としての性能はかなり高め

ナルメア
反骨の火力を攻撃力/ダメ上限UPで底上げ可能
・LBで火力+防御寄りにも出来る
・背水をより安定させるならおすすめ候補
▼四象降臨に関する関連記事はこちら

四象降臨でやることまとめ




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る