【グラブル】必見!初心者向けゼノウォフ琴を入手する方法を解説!

強力なEX武器である「ゼノウォフ琴」が入手出来るゼノウォフマナフ。

普段のイベント武器よりも性能が良いので初心者の方も是非取りたいところ。

しかし実際は初心者向けの難易度に設定されていないのも事実です。

ここではそんな初心者の方に向けて「ゼノウォフ琴」を入手する方法を解説します。

  • 「初心者だから取れる気がしない」
  • 「初心者でも取れる方法があるなら欲しい」

といった人は特に必見です。




必見!初心者向けゼノウォフ琴を入手する方法

ゼノ系のボスは基本的に難易度が高めです。

初心者向けに用意されたイベントではないのが正直なところ。

そのためいくつかゼノウォフ琴を入手するパターンを紹介します。

自分の戦力と照らし合わせて、1番合う進め方を選んでいきましょう。

※「HELL」が一切周回出来ない前提で解説

難易度EXを周回する

EX(EXTREAME)が周回出来る場合、EXをひたすら周回

EXでもボスから「低確率」でウォフ琴がドロップするのでトレハンをかけながら倒します。

トレハンキャラ一覧!おすすめキャラも紹介!

しかしEXからはウォフ琴交換に必要な「聖性の経典」が落ちない点に注意。

交換ではなくドロップで入手を考えている初心者向けの入手法になります。

EXはクリアすると一定確率で「HELL」が出現します。

もしHELL70LVが勝てそうであれば、挑戦出来ると尚良し。

勝てない場合はスルーでOK。

※「HELL」は負けてもエリクシールが1本しか使えないので、がぶ飲み戦法は使えない点は注意!

マルチ自発をする

【注意】EXをクリアする必要があるので、コンテしまくること!

EXからのドロップを狙わずに「自発者専用の赤箱」からウォフ琴を狙う入手法。

共闘で自発素材を集めたら、マルチでひたすら自発していく流れになります。

※自発素材は共闘クエの「裁考の間(Extra2-2)」で入手可能です

金箱から狙うよりも出やすいので、ちょっとでもドロップ率が高い方でやりたい初心者の方向け。

ただし1人で倒し切るのはほぼ不可能なので、救援で他の人に倒してもらう形になります。

また「赤箱」からウォフ琴を狙う人はたくさんいるので、逆に救援に来てもらえないパターンにもなりがち。

なので赤箱から入手を考えている場合、イベント開始時からなるべく自発出来ることが理想。

(※イベント後半になるほど救援に入る人が減る傾向があるので、討伐失敗になる可能性も)

マルチでワンパンして素材集め

EXにすら勝てない」初心者向け。

この場合、マルチに流れている救援にひたすら参加しワンパンして素材を集めます。

ウォフ琴の交換で1番ネックになる「聖性の経典」が低確率で「金箱」から出ます。

ソウルシードなどに余裕がある人はこの方法で取るやり方もあり。

※ただし「ゼノ系ボス」でのワンパンは特に好まれない傾向にあり

ゼノウォフ琴を1本だけ狙う場合は「聖性の経典」が10個あれば良いので、そこそこ頑張れば取れない数ではありません。

少しでもドロップ率を上げるために「トレハン」ぐらいは使いましょう。

ゼノ・ウォフマナフは属性耐性あり

ゼノ系のボスはいずれも「属性耐性」があります。

これは”有利属性以外”のダメージがほとんど通らない特徴を持ってます。

なのでどれだけ育成に自信があっても有利属性以外で挑むのは避けるようにします。

もちろんデバフなども通りにくいので注意。

ゼノウォフ攻略に適したキャラ


カルメリーナ

ティアマト
全てのアビがゼノウォフに刺さる適正キャラ。特に主人公が弱体効果対策をすると「グラビティ」「デバフ」が疎かになりがちですが、それを1人で補ってくれます。また奥義で味方全体に幻影を付与するので「絶命」対策になるのも強み。 3アビで「幻影+マウント」が張れるので対ゼノウォフ専用キャラです。また2アビで敵の攻撃力をDOWNさせられるので被ダメを抑えられます。ティアマト単体でゼノウォフの特殊技を凌げるので、他の枠に余裕が生まれるのは非常に大きい。

ニオ

メーテラ
昏睡」でゼノウォフの動きを封じることが出来ます。支援ももちろん攻略をする上で活躍しますが、何より相手に何も出来なくさせられるのは利点。「十天衆」キャラは正直初心者向けではないのですが… 敵に「魅了」「スロウ」を付与出来るため行動や特殊技を極力封じることが出来ます。累積攻撃デバフもあるので被ダメの対策も1人で出来ます。主人公がダークフェンサー系ではなく、弱体効果対策によるセージ向け。

レナ

ガウェイン
1人で「回復+クリア」をこなせる万能キャラ。マウント枠が用意出来ない人は連れて行くと◯。100LVにすることで味方を蘇生させることも出来るので、重要なメンバーが倒れても体制を立て直せるのも強み。 敵の特殊技対策に「70%カット」が有効です。攻撃デバフも合わせて付与出来るので、HPが低い場合は優先して連れていきたいところ。3アビはCTも5ターンと短いので、長期戦になる人は特におすすめ。

ペトラ

クリスティーナ
味方単体に「幻影」を付与出来るのが便利です。3アビの属性バフも優秀ですし、2アビで全体攻撃が出来るのも◯。火力が乏しい人は編成の候補に選んでもOK。幻影効果も「2回」と強力なので、絶対に倒されたくないキャラに使って守れるのも良いですね。 マウント」を持った貴重な風キャラ。入手手段が「カジノ」なので頑張れば誰にでも手が届く点でおすすめ。しかも「全体回復/クリア」とゼノウォフに最適なアビ構成をしているのも特徴。弱体体制を下げるアビもあるので、最悪無理してでも取る価値はあると思います。

リーシャ

グリームニル
貴重な「マウント」を持ったキャラ。他にマウント持ちがいなければ優先して入ります。味方単体に「回復+クリア+バリア」を張れるのも便利です。また奥義効果で敵の強化効果を1つ無効化に出来るのもゼノウォフ戦ではかなり有効な効果ですね。 ボス戦で使うと◯。3凸だとより召喚効果のダメージが高いのでおすすめです。火力不足で勝てない人は「バリア+火力」要因として連れていくと良し。結構なダメージを規定ターンに稼いでくれますし、1万バリアも大活躍。

戦力の目安

大前提として「マグナボスをソロで倒せる」戦力は必須です。

「確定流し」が何とか出来る戦力だと少々厳しいと思います。

ゼノ系イベントは最低難易度ですらEXのため、必要な戦力のハードルが高いのが厄介。

またゼノ・ウォフマナフだけで言えば「弱体効果」対策がほぼ必須になります。

なので戦力だけあっても正直、攻略が厳しいです。

初心者向けの進め方/武器の集め方

初心者の方はまず「無凸1本」を第一に目指しましょう。

必要な素材の数を考えても、それが1番妥当だと思います。

無凸でも十分過ぎる性能なので、3凸は戦力やキャラが整ったら挑戦してもOK。

基本的な進め方はまず「EX」の周回がメインになります

そこから

  • EXの金箱から武器を狙う
  • 自発して武器を狙う

あるいは「EXをやらずにひたすらマルチ参加」で進めていくと良いでしょう。

個人的には「最初に交換でウォフ琴を1本確保→その後に、EX周回or自発orマルチ救援」で2本目を狙うか決めると良いです。

ゼノウォフ琴と剣、どちらを優先するべきか?

初心者の方は「まず琴を優先して取るべき」だと思います。

詳しい解説は↓の記事で。

ゼノウォフ剣と琴 初心者はどっちを優先するべき?

ゼノウォフ琴の交換に必要な素材


1本目
30個 20個 3個 10個

2本目
60個 30個 5個 15個

3本目
100個 40個 10個 20個

4本目
150個 70個 20個 35個

5本目
300個 150個 50個 70個

現時点で武器の在庫は5本

今後の復刻次第で在庫が追加されるかどうかは不明。

初心者は2本目狙う必要はなし?

初心者の方はまず2本目を狙う必要はありません

”2本目を狙う価値がない”わけではありません。

交換に必要な素材を集めるのが初心者の方にとって困難なので、2本目は周回が問題なく出来るようになった後で。

時間や余裕があれば2本目も積極的に狙えると良いです。

最終的に必要に応じて本数を増やすなり、3凸を目標にすると良し。

ダマスカスを使う価値はある?

ゼノウォフマナフは特に厄介なボスです。

そのため周回数を減らすためにダマスカスを使おうか悩む人もいるはず。

個人的にはあまり使わないほうが良いと思っています。

ダマスカスを使うことで何か出来ることの範囲が増えたりするならOK。

ただ、ゼノ琴だけで考えるとそこまでやれることが増えるようにも思えないので温存するのがベター。

正直もうゼノウォフの周回をしたくない…」のであればサクッと使って終わらせるのが精神上良いかもしれません。

【初心者向け】他属性のゼノイベントまとめ

▼属性別 ゼノイベントの関連記事

ゼノイフ

ゼノコキュ

ゼノウォフ

ゼノサジ

ゼノコロゥ

ゼノディア




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る